人づきあいに上手いも下手もない、「つきあうか、つきあわないか」だけ。

必要以上に自分を卑下したり、過小評価する人がいる。

自分は他人に好かれない人間で、人づきあいも下手だと思い込んでいる。

そして、人づきあいが下手で他人に迷惑をかけるからと、引っ込み思案になる。

そんな人は考え直してほしいだいたい、人づきあいに上手いも下手もないのだ。

あなたは、どんな人づきあいを「上手い」と想定しているのだろうか。

自分のどんなところを「下手だ」と思っているのだろうか。

人づきあいは相手によって、千差万別である。

どんなに人づきあいの上手い人でも、新たな知り合いができれば、また一からやり直し、といってもいい「こうすればだいじょうぶ」という「人づきあいマニュアル」などないのだ。

あなたはもしかして、そんなマニュアルを求めていないだろうかそんなマニュアルどおりに人とつきあおうとしていないだろうか。

 

人づきあいに上手い下手もない

もしそうだったら、そんなマニュアルは今日かぎり捨ててしまったほうがいい。

どんなに社交的な人だって、他人を怒らせることもあるし、機嫌を損ねることもある。

とんなに人づきあいのいい人だって、人と会うのをめんどうに思うこともある。

たぶん、あなたと何も変わらないのだ。

あなたは、完璧に人に好かれようとしていないだろうか。

ちょっとでも他人にめんどうなそぶりが見られたら、「私とつきあうのは迷惑なのだ」と思ってしまうタイプではないだろうか。

しかし、友達というのは、ケンカしたり疎遠になったり、また親しくなったりして、何年もつきあいを続けていくものだ。

完璧に好かれなくても、ちょっとくらい上手くいかないことがあっても、またつきあいを続ければいいではないか。

断絶してしまわなければ、人間関係なんて、それでOKだ。

 

上手くやることが目的ではない

「つきあって」いくことが「人づきあい」ではないか。

人づきあいの上手い・下手はない。「つきあうか、つきあわないか」だけである。

つきあいのいい・悪いもない。

人には、それぞれ自分に合っただけのつきあいがある。

これくらいつきあえばいいとは決められない。

適当にすればいいのである。