男性と話をするとき、よく鼻から毛が数本出ている方がいます。

以外に自分でも気づかずひらひらさせているものです。

見てる側はすごく、そこばかり気にしてしまいます。

実は、女性からしても男性に一番気にしてほしい身だしなみのワースト第一位なのです。

 

女性と対面したりする男性は、必ずと言っていいほどチェックされています。

女性が幻滅し、不潔に感じる場所の第一が男性の鼻毛だといわれています。

本人は気が付いていないものの、近くでみるとチロりと鼻毛が見えている、、、

もし鼻毛が出ていると、女性の間でひそひそと鼻毛の話をされているかもしれません。

そんなかっこ悪い男性にはなりたくないものです。

 

重要な役割を担っている「鼻毛」

鼻毛は呼吸によって人体への影響を及ぼす異物をフィルターしてくれるもの。

口から息を吸うということは様々な病原菌をフィルターを通さずに呼吸しているのと同じことが言えます。

口呼吸よりも鼻呼吸をした方がいいと言われるのはこのためでもあります。

●ホコリや粉塵などの微粒子を鼻毛でからめ取り、肺や気管支などの呼吸器への侵入を防ぐ

●わずかだが呼気の水分を保ち、鼻や喉などの乾燥を防ぐ

 

鼻毛は年を取ると太く伸びやすくなることが明らかに

毛周期の乱れのほかにも筋トレによる男性ホルモンの影響、肉食中心の食生活やストレス、タバコやほこりっぽさなどの要因も相まって伸びる鼻毛。

老化が進むと髪の毛は薄くなるのに、眉毛、耳毛、鼻毛などは伸びやすくなるという不可解な現象が起きる。

老化により女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの影響が大きくなります。

男性ホルモンは体毛の成長を促進し頭髪(特に前頭・頭頂)の脱落を促進する作用があります。

そのため加齢とともに鼻毛をはじめとする体毛が濃くなりやすい。

 

鼻毛を抜くのは厳禁!

鼻の粘膜は傷つきやすく、鼻の入り口は雑菌が多いため、傷口から雑菌が侵入し、炎症を起こしてできものになってしまう場合があります。

よく鼻をほじるクセがある人も要注意です。

鼻毛を抜くと、毛穴にばい菌が入り化膿する場合があります。

炎症を起こしてしまった場合はなるべく早く耳鼻咽喉科の診察を受けてください。

抜くと皮膚にダメージを与えやすいので、花粉症などで鼻の中が敏感になっているときや風邪をひいているときは、そのようなお手入れは避けるようにしてください。

 

鼻毛切りハサミの場合

鼻毛切りハサミは、鼻の粘膜を傷つけないように、ハサミの先端が丸く加工されていますが、短く切りすぎようとすると、誤って皮膚を切ってしまうこともあるので、十分な注意が必要です。

鼻の穴からでるような、鼻毛をカットして、短くしすぎないようにしましょう。

はさみでカットしても大丈夫ですが、使うハサミは先が尖っていないものを使いましょう。

使った後は、アルコール洗浄しておけば次回も安心して使えます。

 

鼻毛ワックス脱毛の場合

鼻の中にワックスを塗って、ワックスが固まったらそれを引き剥がすという方法です。

永久系の脱毛ではないので、また生えてきてしまいます。

一気に抜ける気持ちよさが癖になる人も多く、月に1回ぐらいのお手入れが必要です。


鼻毛カッター

電動鼻毛カッターが、おすすめと考えるのは、とにかく安全であることです。

そして、穴の入口付近の鼻毛は、短く、奥の鼻毛は短くしない。

刃を外して石鹸などで洗うことができるので、清潔です。

また、あまり奥に生えている鼻毛まで切ってしまうと、鼻毛によるフィルター効果が損なわれ、空気中のホコリなどを吸い込みやすくなってしまうので、切り過ぎないようにすることも大切です。