自分の体臭が変化したと実感するのは、20代では3割くらいです。

ところが50代になると、6割以上の人が体臭の変化を実感します。

これは、枕カバーなどが脂くさくなることで気づく人が多いそうです。

 

ニオイの気になる部分は1位がワキ、2位が首や胸となっています。

人間のニオイを細かく分類すると、どれだけの種類があるのでしょうか。

 

それは、7種類、だそうです。

 

他人に体臭についての相談をされたときなど、こういった表現を知っていると、ニオイの詳細を語ることができます。

また、自分のニオイを他人に指摘してもらうときも同様です。

ニオイは一体となって鼻腔に入ってきますが、受け取る側に分類するための情報がないと、分析できません。

まとまって入ってきたニオイを、以下の言葉を頼りにすると、分析できるでしょう。

 

7種類のニオイの特徴

① スパイシーなクミンのようなニオイ

② すっぱいニオイ

③ 脂っぽいニオイ

④ 生ぐさいニオイ

⑤ ホコリっぽいニオイ

⑥ 湿っぽいニオイ

⑦ その他のニオイ

 

クミンは、カレーに入れるスパイスです。

カレー特有のニオイの源で、ツンとした芳香があります。

これが体臭となると、一種独特な、攻撃力の高い異臭に例えられています。

 

脇のニオイの特徴

ワキの下のニオイを分析すると、いくつかの要因が複合しています。

①+②+③。

つまり、スパイシーなクミン臭と、すっぱいニオイと、脂っぽいニオイが混ざって、ワキの下のニオイになります。

 

想像すると、なるほどなと思える分析です。

「ツン」と来ながら「スッパくさく」、しかも「じんわりと脂くさい」。

 

加齢臭のニオイは違います

加齢臭、とくに30代のものは③のみ、ニオイの性質自体は単純に脂っぽいだけなんです。

単純に脂っぽいとはいいますが、だからといって弱いというわけではありません。

「古くなった食用脂のようなムッとするニオイ」と、30代のニオイの特徴があります。

「40代以降の加齢臭を脂くさくて青くさいニオイ」「古いポマードのようなニオイ」と言っています。

攻撃力は強く、このニオイは持続します。

年齢を重ねても衰えることなく、しぶとくにおってくるのです。

 

まとめ

30代の加齢臭は「脂っぽいだけ」、40代からの加齢臭は「古いポマード臭」。