基本的に仮性包茎を改善するのは成長時期の20代までと言われています。

いわゆる剥きグセをつけてあげることです。

男性的には見た目の印象で、嫌な思いがあると思います。

特に意識する男性のおちんちん『仮性包茎』は、周りの男性の目からしても小馬鹿にされる用語なのでしょう。

それは、AVに出てくる男優のあそこと比べるのが脳裏にあるからだと思います。

 

『仮性包茎』は世の男性が作り出した『恥』という勝手な言葉です!

 

男性は仮性包茎を気にする頃、高校生ぐらいから、性に関心が高くなります。

そうすると、エロ雑誌やエロDVDなど鑑賞したり、友達やメディアから、男性のあそこに関してちんこの先が剥けている立派なイチモツが一般な見方になっていくのです。

 

それが世の男性のおちんちんとして見比べられているのでしょう。

確かに男性からすると理想的であり、女性にも受ける??と思いがちです。

男らしいという味方もあるのかもしれません。

しかし、、

世の男性(世界)の7割の人は、仮性包茎と言われていいます。

はっきり言わせてもらうと、普通です。

でも、仮性包茎に気をつけたいことがあります。

 

仮性包茎で気をつけたいこと①

中年では特に仮性包茎で気をつけていことは、

◆ 臭い

◆ 雑菌

です。

普段、皮が被っている状態なので、チンカスが溜まりやすくなります。

清潔に保たなければ、雑菌が繁殖しやすくなります。

お風呂の時でいいので、皮を剥いてカリの部分を露出し念入りに洗ってあげましょう。

それによって剥きグセがついて勃起した時に露出しやすくなります。

 

仮性包茎で気をつけたいこと②

◆ オナニー時の注意

オナニー(マスターベーション)をする時は、カリを露出させチンコをさする時は、皮が被らないように激しくしないことです。

人それぞれやり方はあると思いますが、皮が被った状態で、チンコをさすってしまうと皮が伸びてカリが勃起状態でも発達しない状態になってしまいます。

◆ 尿を出す時の注意

おしっこをする際、必ず皮を剥いて出すクセをつけましょう。

剥きグセを頻繁にさせることです。(おしっこのキレが悪くなるかもしれませんが・・・残尿に注意)

 

仮性包茎は女性にどう思われているのか?

女性にどれだけ、男性の性器に関心・知識があるかによりますが、ほとんどの女性は知識がありません。

むしろ仮性包茎ってなに?普段のおちんちんの形状は女性にとってわかっていません。

なので仮性包茎であっても女性にとっては興味もないし、わかっていません。

ただ、注意したいのが、清潔な状態です。

女性がいざ、おちんちんを触る行為に至ったとき『臭いー』なんて思わてしまうと、二度と触ってくれなくなります。

性行為をする前は、シャワーを浴びる時や、使い捨てのアルコールタオルなどでしっかり清潔にした後で、行うようにしましょう。

また、おちんちんが剥けている人より、カリが発達していない人もいると思います。

カリは女性のあそこに入れた時に感じさせる箇所でもあります。

そこは、うまく愛撫などで女性を感じさせていきましょう。

 

仮性包茎は治す必要あるの?

結論からすると仮性包茎でも問題ないと言えるので治す必要はありません!

何の恥もなく、世の男性でも多くいます。

こんな話を聞いたことがあります。

以前、風俗の女の子に聞いたことがあります。

来店するお客さんのおちんちんのほとんどの方が皮を被っている人ばかりです。

でもその時、丁重に剥いてあげお掃除をしてあげるそうです。

風俗の女性:『オナニーのしすぎじゃない??』なんてジョーダンで笑い話の時もあります。

皮を被っているのは全然いのですが、ただ、不潔なのは勘弁して欲しいそうです。

わたしからすると外見は気にする必要がなく、普段から清潔と剥きグセをつけることで問題ないと思いますし、いざ女性とセックスする場合でも大丈夫です!

自身をもってもらって大丈夫です。