今や制汗剤・デオドラント剤はエチケットのひとつとして欠かせないものになっています。

 

市販されているデオドラント剤は

 

『汗を抑える』

『かいた汗を吸収し、拭き取る』

『臭いのもととなる菌の繁殖を抑える』

『消臭・脱臭する』

『快い香りでいやな臭いを隠す』

 

の5つの作用を組み合わせて作られています。

 

制汗剤・デオドラント剤の選び方を間違えると肌に影響が!

選び方を間違うと、あまり効果を得られないだけでなく、かえっていやな臭いを発生させたり、肌にダメージを与えることもあります。

 

制汗剤・デオドラント剤は、目的や臭いの原因に応じて上手に使い分けてください。

たとえば『ワキガに悩んでいる』なら、抗菌・殺菌作用があって、ロールオンタイプやクリームタイプなど、皮膚に直接塗るタイプがよいでしょう。

デオドラント剤の香りとワキガ臭が混ざると、かえって不快な臭いになる心配があるので、必ず香料入ではなく、無臭や無香料のものを選んでください。

『ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい』なら、さっぱりサラサラとした使用感が気持ちいいスプレータイプ、パウダータイプなどがおすすめです。

殺菌作用の強いものより、制汗作用の高いものを使ったほうがよでしょう。

殺菌作用の強いタイプは、皮膚のかぶれや黒ずみなど肌のトラブルを招くことがあります。

 

制汗剤・デオドラント剤でもスポーツの後にはシートタイプがおすすめ!

スポーツなどをして急に汗をかいたときには、いやな臭いといっしょに汗のベタつきや汚れも拭き取れるシートタイプが便利です。

汗かきで汗の臭いが気になる場合は、クリームタイプの制汗剤・デオドラント剤もおすすめです。

多汗症の場合、パウダータイプを使うと汗でパウダーが固まったり、汗とパウダーが混ざっていやな臭いが発生する心配があります。

臭いの原因が何であれ、制汗剤・デオドラント剤を広い範囲に塗って多くの汗腺をふさぐのはあまりよいことではありません。

使う場合はできるだけ狭い範囲で、できるだけ短時間にするよう心がけて。

とくに皮膚がデリケートな人は、外出先からもどったら、濡れタオルで拭き取ったりシャワーで洗い流すとよいでしょう。