ほっとひと時のコーヒーはサラリーマンたちにもうけあいです。

一口飲んだあとは、こころも落ち着きます。

ただ、缶コーヒーにはやっぱり気にしたい所があります。

砂糖。

そして、カフェインや飲み過ぎによる、胃のもたれや胃痛を引き起こすものです。

 

缶コーヒーに入っている原材料に着目

缶コーヒーには、原材料にいろいろな新甘味料(ステビア)が使われているので気をつけたいところです。

また、表示をよく見てみると、「砂糖、牛乳、コーヒー・・・」と並んでいるものもあれば、「コーヒー、砂糖、牛乳・・・」と並んでいるものあります。

この違いに注目。

原材料名は、成分が一番多く含まれている順に並んでいます。

つまり、「砂糖水」ではなく、「コーヒー」を飲みたいなら、原材料名のトップにコーヒーと書いてあるものを選ぶことです。

なお、安心の上からも、味の点からも、添加物がまったく使われていない缶コーヒーを選びましょう。

 

缶コーヒーではなく、お湯でい入れるコーヒーですが、豆を焙煎するうと残留農薬は分解されてなくなってしまうので不安はありません。

 

コーヒーを飲むにあたっての注意点

気をつけたいのはカフェイン

中枢神経を興奮させる作用があるからです。

1日に何倍も飲むコーヒー党の人は、ちょっとご注意したいところです。

胃の粘膜を守るためには、お腹が空いているときは飲まないことです。

ミルクを入れるなどの心がけが必要です。

 

あなたが飲んでいるのは、コーヒー?それとも砂糖水?

原材料名表示のトップが『コーヒー』のものを選ぶ