消化器官(胃腸や十二指腸)の粘膜の修復を早めるものって何がありますか?

日本のサラリーマンは、特に胃腸に負担をかけています。

生活の習慣が原因で様々な症状が訪れてきます。

そこで、普段聞かないのですが マヌカハニー がその効果を発揮してくれるのです!

 

マヌカハニーは、最近では知名度が上がり、特に女性に人気があります。

マヌカハニーには、ビタミン類、ミネラル類、酵素などの天然成分が含まれて、美しい皮膚づくりには欠かせない栄養素が多く含まれています。

直接塗るとニキビも治るスグレモノで芸能人も愛用している人が多くいます。

栄養豊富で殺菌力の高いマヌカハニーは、食べるだけでなく、様々な用途に使えそうです。

包丁で指を切った時等、傷口にそのままマヌカハニーを塗って絆創膏を貼ると治るのも早くなるとか。

食べ物としても薬としても使えてとても重宝しますね。

 

実は、このマヌカハニーは以前から胃腸の疾患に良いことで医学でも研究されて使用されているのです。

 

マヌカハニーの効果を挙げるととても万能なものだとわかります。

 

抗菌・殺菌 効果

普通のハチミツにも殺菌・抗菌 効果 はあるのですが、マヌカハニーは普通のハチミツよりもとても強い 効果 を持っているので、ピロリ菌・ブドウ球菌・風邪のウイルス・虫歯菌などに 効果 があります。

 

抗炎症作用

マヌカハニー は、抗炎症作用にも期待できます。

もともとハチミツにも抗炎症作用があるのですが、 マヌカハニー特有 の強い抗菌殺菌作用との相乗効果が期待できるのです。

マヌカハニー 愛好者には傷口に塗ったり、口内炎に塗ったりする方も多いそうです。

 

ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍などの胃腸疾患の改善

マヌカハニーの殺菌作用はピロリ菌の他に大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌などのほとんどの腸内細菌の殺菌に効果的で、逆に乳酸菌などの善玉菌の活動を活発化させると言われています。

 

虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止

高い抗ウイルス性効果を持つマヌカハニーはオーラルケアに有効だと考えられ、虫歯菌ミュータンスなどの細菌の抑制に効果的であり、歯垢や歯肉炎の減少に効果的であったことがマヌカハニー研究の第一人者、ピーター・モラン博士の論文で紹介されています。

 

喉の痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防

はちみつは風邪を引いた時に摂取するのにとても良い食材で、マヌカハニーは抗菌活性力の他にもビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含む栄養価の高い食材です。

マヌカハニーは炎症を和らげる効果があることで有名で、のどが痛いときなどマヌカハニーを食べることによって喉の痛みを和らげる効果があります。

 

その他

◆ 優れた殺菌効果(傷薬・口内炎の治療・うがい薬・咳止めなど)

◆ アルコール分解を助けて二日酔い防止・解消

◆ 素早くエネルギーに変わるので運動後の疲労回復に

◆ ビフィズス菌を増やす整腸効果(下痢にも便秘にも効く)

◆ 動脈硬化の予防

◆ ルテインという成分は目の疲労回復、白内障の予防に効く

◆ 鎮静効果があり、催眠剤としても使われる

 

マヌカハニーやハチミツは胃や腸の粘膜強化します。

胃痛、胃炎、胃潰瘍、下痢、便秘、大腸がん予防にいいです。

胃腸に重度の症状がある場合は病院での治療が必要ですが、予防といった観点からは、毎日のマヌカハニーの摂取が効果的です。

 

 

胸やけや吐き気のときに使用すると効果が期待できます

 

摂り過ぎは、逆に胃酸を活発にして症状を悪化させますのでよくありませんが、マヌカハニーでつらい胸やけと吐き気をなくすのに微量をたしなむ人もいます。

食後にゆっくり舐めると、吐き気がおさまります。

食べたいものも食べれずに本当にツラい思いをしたりします。

明け方の吐き気、とってもつらいですよね!

たくさんの方がマヌカハニーで胸やけや吐き気を抑える報告もあります

夜寝る前にスプーン一杯なめるだけ、マヌカハニーは弱った胃腸を修復してくれるので、逆流をおきにくくしてくれます。

お薬ではないので治るとかは書けませんが自然の抗生物質とも言われており、効果は絶大です。

 

マヌカハニーは体内に入ってきたピロリ菌を殺菌し感染を未然に防ぐことができます。

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌で、子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。

マヌカハニーは一般的なハチミツよりも殺菌作用が高い為、少量のマヌカハニーを継続的に摂取し続けることで、ピロリ菌対策をすることが可能になります。

ピロリ菌だけではなく大腸菌や黄色ブドウ球菌などの殺菌にも効果があるとされている為、胃腸の調子を整える食品として有名です。

胃腸に重度の症状がある場合は病院での治療が必要ですが予防といった観点では毎日のマヌカハニーの摂取はとっても効果的です。

 

逆流性食道炎の患者にマヌカハニーはよくない良いとの声が?

逆流性食道炎で胃酸が多い時には、やめた方が良いようです。

友人が蜂蜜好きですが、逆流性食道炎の時、 ドクターにとめられていました。

逆流性食道炎の時は、甘いもの全般、控えた方が良いです。

ただ、逆流性食道炎は胸やけや吐き気がつらいので、それを止める手立てとしてマヌカハニーを舐める程度でもその症状がなくなることでも知られています。

 

 マヌカハニーをスプレー式でひと吹きでスッキリ


マヌカハニーは胃腸疾患の改善、ガンの予防、口内炎や歯周病の治療、糖尿病改善、整腸作用、カゼの予防など、様々な効能があり、健康にもってこいの食品です。

 

基本的には空腹時に一日1~3回をゆっくり舐めて溶かす。

味が独特なので苦手な方もいるかもしれません。

そんなときはヨーグルトやコーヒーに入れてもいいし、チーズに塗るのも人気なんだそうです。

ちなみにマヌカハニーの抗菌力は熱では壊れません。

食べるタイミングとして理想的なのは食膳1時間前、そして就寝1時間に取ることです。

マヌカハニーは日本で好まれているようなレンゲやアカシアのハチミツのようなクセの少ない味・風味とは異なり、生キャラメルのような食感と芳醇な花の香りが特徴です。

理想的にはスプーンですくってそのまま食べるのがベストですが、苦手な場合はまずはトーストやヨーグルトと一緒に食べてみるのも良いでしょう。

慣れてきたら少しずつスプーンから直接食べてみましょう。

マヌカハニーは、はちみつと違って高価な商品です。

はちみつと違って大量に入手できるものでもなく、原産地から直接手に入れる方法しかありません。

よく巷で安いマヌカハニーを見かけますが効果は低く信頼性はありません。

こちらの本物のマヌカハニーでしっかり効果を期待できるものがおすすめになります。

 

医師も認めるほどの効果のあるマヌカハニーを続けることで、変化がわかると思います。

医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!

マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は

あなたの健康維持の必需品です

↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓