自分がくさいかどうか、どうやって確認すればいいのでしょう。

これは、簡単なようで結構難しいことです。

たとえば、口臭なども「しっかり歯磨きしたばかりだし、たぶん大丈夫だろう」と思っていると「あなた、口くさいよ」と妻や恋人、知人に指摘されることがとても多いのです。

 

他人の家に入ったときには、まずニオイの違和感を感じます

自分の家のニオイなどには、人間は慣れてしまい感じなくなっているので、そうなります。

自分の体についても同じで、ニオイは慣れてしまい感じなくなるんです。

自分のニオイには気づきにくくなっている。

脂性の方は、鼻の両脇から面白いほど脂が出てきます。

そこを人差し指の先で強くこすると、指先がしっとりするくらい脂が出てきます。

こうすると、そのニオイをかぐことができます。

ところが、ふだんは鼻の穴の両脇すぐにある脂のニオイは、ほとんど感じません。

つねに漂っている自分のニオイを、人間の脳が消してしまっているわけです。

 

「自分のオナラがくさく感じない」という経験は誰でもあると思います。

いや、くさくは感じるのですが、「このニオイ(自分のオナラ)は許せる」という感じ。

これも、自分のニオイに対しての脳の働きと理解できます。

 

臭いも音も同じ原理

喫茶店で同行した人と夢中に話し込んでいると、相手の話の人の言うことしか頭に入ってきません。

ところが、この状況を録音しておくと後でそれを聞いたら、喫茶店内の食器の当たるカチャカチャした音や、BGMとしてかかっている音楽など、周囲の音がうるさくてうるさくなります。

つまりは、音もニオイも、人間の脳のフィルターが消してしまっている情報は、一度別の形にしてみると、確認することができる、ということです。

 

妻も嫌う臭いを知るには

朝起きて、自分の口臭に気づくことは、あまりありません。

ここで、ティッシュをたたんで、舌の表面をぬぐってみてください。

そのティッシュからは、自分の口臭をかぐことができます。

 

ここではじめて「あなたの口から魚が腐ったようなニオイがする!」という妻や恋人や知人などの言葉の意味を実感できるはずです。

「うわっ」と驚くこと間違いなしです。

 

「自分のニオイを知るには、脱いだシャツをかいでみてください」と教えてくれました。

実際に、臭いに対しての商品メーカーでの研究所でも体の脂くささを調査するためには、特定のTシャツを着てもらい、それを分析するようです。

 

通常、シャツを着ている間は、まったくニオイを感じません。

ところが脱いでみて、改めてニオイをかいではじめて、「あっ、くさい」とわかるわけです。

 

まとめ

自分のニオイに気づかないのは、脳がニオイをブロックしているからです。

自分のニオイは、何かに付着させればかぐことができるということですので、自分の臭いに自信がなければ一度お試し下さい。