花粉症がやってくると、いろんな症状が起こります。

目のかゆみから肌荒れ、からだの不調、だるい、頭が痛い、喉が痛い・・・

 

対策方法として、薬などは即効性もあるのですが、できるかぎり頼りにしたくないのが本音です。

所詮、薬はくすり・・・でも辛い毎日から逃れるにはくすりが一番の選択肢です。

でも、飲み続けることは、何かしらいいものではないと思います。

最近では、花粉症の予防として 『ヨーグルト』 の効果が挙げられます。

 

ヨーグルトには乳酸菌が常駐して、その善玉菌たちが体内で働いてくれるのです。

なぜ、乳酸菌が花粉症と関わっているのか・・・

 

それは、乳酸菌が活発に働く場所、腸内環境を活発に上げることなんです。

実は、腸内環境と肌の荒れは大いに関係しています。

便秘になると肌の調子が悪くありませんか?

便秘がちの方には、そのような症状になっていませんか。

 

腸が弱ると花粉症が起こしやすくなるのはなぜ?

腸活、いわゆる腸を活発にすることが、花粉症やウイルスなど軽減できるのです。

その腸の活動が低下すると・・・

免疫力の低下が起こります。

 

ヨーグルトを毎日摂取することで、生きた乳酸菌が腸内に入り込み悪玉菌を撃退した元気な腸に生まれ変わります。

そうなれば、善玉菌が増えて、免疫力が上がり、花粉症や風邪のウイルスなどの侵入を防いでくれます。

また、内臓関連(肝臓や腎臓など)も循環がよくなり疲れにくい体にもしてくれる大事なものになります。

乳酸菌は世の中になくてはならないものなんです。

 

ヨーグルトが花粉症に効く理由

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、免疫細胞(外部から体内に侵入してくる異物と戦う細胞)のバランスを整える働きを持つため、アレルギー症状が抑えられます。

花粉症症状は、鼻や目などの粘膜に花粉が付着することによって起こると思われています。

しかし厳密にいうと花粉を体内に吸収しているのは腸になります。

ヨーグルトによって摂取できた乳酸菌は整腸作用があるので、悪玉菌を減らすことで腸内環境を整え、腸の粘膜を強くすることができます。

腸内を強くすることができれば、それらの症状も緩和することができるというわけなのです。

 

花粉症に良いヨーグルトはいつ食べると効果的?

その日の一日を腸は動き続けます。

その日のはじめ、毎朝の朝食に食べるのがもっともよいです。

寝てる間も腸は動いていますが、体内のあらゆる臓器を考えると朝が一番になります。

特に花粉症が訪れる前、一カ月前からヨーグルトを毎朝食べ続けることがとても良いです!

毎朝、食べるのは大変ですので、ちょっとアレンジをして楽しむのが良いと思います。

 

ヨーグルトをアレンジして食べることで花粉症撃退!

毎日食べるのだから、ちょっと味を変えて楽しみたいところですね。

市販のジャムソースやクラッカーにのせたり、果物と一緒に食べると楽しいです。

また、最近もっとも花粉症に効くといわれる、みかんの皮。

みかんの皮と一緒に食べるとすごく花粉症に効果があるようです。

そのままではなく、皮をすりおろしたものとヨーグルトを一緒に食べる方法ですね。

 

まとめ

ヨーグルトは免疫力を上げてくれるので毎日摂取することで効果が現れます。

体に免疫力がついて元気が上がれば、花粉症だけでなく、病気のウイルスから身を守ってくれる体質にしてくれます。

是非、健康思考で、いろんな味で楽しんでみてください。