仕事中や家事の合間のコーヒーブレイクは毎日の楽しみでもあります。

 

一口飲めば、「ホッと」するひと時は誰もが落ち着く瞬間です。

これを無くしては、代用する飲み物が見つからないくらいお気に入りだと思います。

しかし、コーヒーによる成分が人の体に影響するものは、あるのです。

そのお話をしてみます。

コーヒーを飲むことでのデメリットとメリットをお伝えします。

 

コーヒーを飲んだ事によるデメリット

 

◆カフェインが睡眠を妨害する

カフェインには脳の覚醒作用があることは周知のとおり。就寝前に飲むと、布団に就いてもなかなか寝付けないということがあります。

髪の毛は夜中の1時過ぎから成長を始めます。成長させるには、そのタイミングで眠っている必要があります。

カフェインで目が覚めていては、髪の毛の成長を妨げてしまう可能性もあるのです。

 

◆タンニンが亜鉛の吸収を妨げる

コーヒーに多く含まれるタンニンは、体内に取り入れられた亜鉛の働きを邪魔します。

亜鉛は育毛に欠かせない成分なので、不足すれば薄毛の原因になるでしょう。

 

◆コーヒーは体を冷やす

一般に、南国の食材は体を冷やすもの、北国の食材は体を温めるものという傾向があります。

そしてコーヒーは南国でとれるもの。

体が冷えてしまうと、血行が悪くなり頭皮に十分な栄養が運ばれなくなるので、育毛に支障が出てしまうかもしれません。

 

コーヒーを飲んだ事によるメリット

 

◆カフェインが血行を良くする

「カフェイン」には、覚醒作用・利尿作用・血管拡張作用などがあり、カフェインを摂ることで血行がよくなり、毛球を刺激して発毛を促します。

 

◆発毛・育毛に刺激を与える

カフェインの刺激が髪を伸ばし、成長期を長くし、毛根のケラチンを増やすという効果が見られました。

コーヒーに含まれるカフェインは発毛にプラスの効果があるといえます。

ひとつだけ気を付けて欲しいのが珈琲に入れる砂糖。

砂糖の摂りすぎは育毛に良くありません。

 

◆ポリフェノールが摂取できる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが血行を良くする作用があります。

 

◆体内の余分な成分を排出する

利尿作用により体内の余分な成分(ジヒドロテストステロンなど)を排出する効果が期待できるので、

 

まとめ

また、摂取量については、1日2~3杯が適量です。

この程度であれば、コーヒーによる影響はほとんどないと考えても良いです。