よく人脈って言うけど、具体的にどのような人をもって当てはまるのでしょうか?

サラリーマンに人脈は必要だ!

なんて知人や上司に言われたりするものです。

仕事が終わって、飲み屋で一緒に飲んで愚痴を聞いてくれる仲間はだれもがいるかと思います。

それって人脈に値するのでしょうか?

成功を収めている人にとって人脈ってどんな人なのか?

お伝えします。

 

人脈ってどんな人の事を言うのでしょか?

先程、仕事が終わって、飲み屋で一緒に飲んで愚痴を聞いてくれる仲間を言いました。

その人たちは、あなたにとって気持ちの支えになってくれる良いお友達といえるでしょう。

しかし、あなたの人脈になるかと言われると、実はならないのです。

あなたにとって人脈というと、あなたにビジネスや将来起こすことのアドバイスや助けをしてくれる人をいいます。

また、成功を収める為にプラスになることを教え合う仲の人を人脈と言えます。

 

人脈は沢山いた方がいいのでしょうか?

人脈は沢山いる方が越したことありません。

しかし、自分の方向性に合う人脈以外は無理してつくる必要がありません。

今、あなたに将来に向けて必要な人脈をできるだけつくる必要があります。

 

サラリーマンに人脈は必要か?

いきなり人脈をつくる必要性はありません。

これから将来どのような目標で生きていくかをしっかり考え、それに向かってまずは勉強をすることです。

ある程度、成長して少しの成功を収めた時に人脈をつくることです。

成功を掴むための努力と勉強をまずはすることです。

 

自分の道に合う人脈をつくりをしていく

自分の将来へ向けて起動がノってきたら、教えてくれる、刺激になる、共に歩んでいける、人脈つくりをすることです。

どんどん連絡を取り、話し合うことで多くの知識が入ってきます。

そうなると成功を収める近道になるということです。

聞くときは、素直に聞くことです。

自分の意見より、人の意見を聞き取り、必要な知識を身に付けることです。

自分では勉強できないことなので、人の経験を教えてくれる大切な内容と思ってください。

しっかりメモを取り自分のものにして将来の成功に向けて突き進むことです。

 

まとめ

人脈は自分の成功を収めるための人だと思ってください。

そう考えると、必要な人脈がわかると思います。

人脈をつくるにはセミナーなどに参加して名刺交換などして今後の連絡の取り合いなどしてみるといいでしょう。

相手も同じ気持ちのはずなので人脈つくりになると思います。

参考にしてみてください。