◆勃起障害に勃たぬ病気の特効薬のバイアグラ

PDE5阻害薬という種類の薬のことで、有名なものとしては、皆さんがご存知のバイアグラがあります。

(他にも、日本ではレビトラとシアリスという薬が使用することができ、約80 % の人に治療効果が期待できます)。

勃起障害の特効薬として使われるバイアグラ、実はもともと高血圧の治療目的に作られた薬なのです。

今でも肺高血圧症という難病の治療に用いられています。

 

バイアグラはアンチエイジングの特効薬

勃起障害のある人は、排尿障害を伴うということが知られています。

近年、勃起障害の薬を使うと、尿の出がよくなるということがわかってきました(正確に言うと、勢いがよくなったような気がする、ということなのですが・・・)。

アメリカでは、尿の出が悪くなる前立腺肥大症の患者に、シアリスという勃起障害の薬を使用することができるようになっています。

 

また、バイアグラの作用が高血圧による心臓のダメージを予防するというレポートが報告されています。

PDE5阻害薬の成分が陰茎だけでなく、体中の血管の細胞も活性化させ、動脈硬化を防ぐ作用があるといわれています。

それだけではありません。

二トロ製剤などの心臓の薬を服用している人は使用できませんが、PDE5阻害薬はアンチエイジングの薬と注目されているのです。

泌尿器科医でも、シアリスを勃起障害と関係なく健康のサプリメント目的で内服している人がいます。

 

ネット販売の『偽物(ニセモノ)』に注意しましょう

 

バイアグラはアンチエイジングまたは若返りの薬と考えてもよいとのことです。

だからといって、こうした治療薬(バイアグラ·レビトラ·シアリス)をネットなどで気軽に購入しようとしてはいけません。

 

日本性機能学会で、ネット上でバイアグラなどのPDE5阻害薬(ED治療薬)を注文し、届いた薬の成分を調査したという報告がありました。

その結果、日本国内で注文したバイアグラの5割、タイ国内でネット注文したバイアグラの8割以上が「ニセモノ」の成分でした。

シンガポールのネット販売されたニセモノのバイアグラの中に糖尿病薬の成分が入っており、それを用いた人のなかで低血糖による死者がでたそうです。

別のPDE5阻害薬·レビトラなど、ネット販売されていた薬は100%違う成分でした。

 

さらに、海外ではバイアグラのジェネリックが出てきています。

バイアグラそのもののニセモノが多いのですから、バイアグラのジェネリックのジェネリックが本物かどうかわかったものではありません。

ネットで「バイアグラのジェネリック」と紹介して売っているものを信用してはいけません。

こうした治療薬(バイアグラ·レビトラ·シアリス)を希望される方は、まずは泌尿器科を受診して、本物のPDE5阻害薬を手に入れてください。

 

これらの薬が欲しい人は、必ず病院で処方してもらうのが確実です。

どうしてもネットで購入する場合は、商品名の認知度としっかり口コミを見て判断して購入しましょう。