映画大好き!中年おじさんが送る映画紹介シリーズ★

今回は、 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 を取り上げたいと思います。

監督は、クエンティン・タランティーノ

主演は、- レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー

 

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ストーリー(ネタばれ)

中年期になり世間では若い俳優を使い最近では人気が落ちてきた俳優、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画俳優への転身に苦心している。

俳優として真剣に仕事に取組み仕事が減っていく恐れを抱えながらいつかはチャンスをつかみたいところだが、現実はそうもいかなく冷たい風が吹く。

彼に雇われた付き人兼スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックを心から支え共に映画界を歩んでいた相棒でもある。

当然俳優リックに仕事がなければ、スタントの仕事も激減していく。

しかし、リックとは正反対の性格でもあるクリフは、マイペースで人生を歩んでいる。

ある時、映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)がリックの家の隣に引っ越してくる。

売れっ子と地に落ちていく俳優が目指す行先は・・・

ある日クリフに歩み寄る、ヒッピー女と関わり、昔映画で世話になったジョージのもとへ行くことになる。

そこで事件が起こり今後の展開にとんでもない結果が迫り寄ってくる。

 

続きは、DVDを鑑賞してくださいね!

 

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は中高年の生きざまがかっこいい

中高年になると、いろんな面であきらめたり、世間からの冷たい目でどうしても落ち目になったりしやすくなります。

まだまだ若い人に勝らない気持ちがあるのですが、実際は爪弾きにされ邪魔者扱い。

家族といてもそんな状況でもある世間の中高年のおやじ達でもあります。

でも、この映画をみると、中高年でもかっこい生き方をしていると思えるようになります。

かっこいい中高年の生き方を見直すにもいいチャンスを与えてくれたのです。

中高年でもまだまだかっこよく生きていけるはずです!

まさしく、中高年に送るバイブルになるのではないでしょうか。

 

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のキャストについて

ブラッド・ピットさんは、この映画が上映されたときは、50代後半のおじさんだったんです。

それでも、こんなにキュートでかっこいいおじさんなんです。

かっこよく、年をとることを意識しながら人生をおくることは大事なんだなと思い、最近では筋トレなどで体を引き締め見た目もかっこよくすることをめざしてみる中高年をめざすのもいいものです。

レオナルド・ディカプリオさんは、みなさんも知る超有名大物スターで多数の映画に出演していますが、彼も50代に近く、かっこい中高年おじさんなんです。

ヒロインのマーゴット・ロビーさんは、この映画と同じような超人気で、スーサイドスクワッドなどにも出演されていますのでこちらもチェックですね。