花粉症がやってくると、いろんな症状が起こります。

その中でも、 顔の肌荒れ はつらいものです。

花粉症を寄せ付けない、肌荒れなど起こさない方法として、日ごろからある食べ物を摂ることで軽減できるのです。

それは、ヨーグルトです。

ヨーグルトには乳酸菌が常駐して、その善玉菌たちが体内で働いてくれるのです。

なぜ、乳酸菌が花粉症と関わっているのか・・・

それは、乳酸菌が活発に働く場所、腸内環境を活発に上げることなんです。

実は、腸内環境と肌の荒れは大いに関係しています。

便秘になると肌の調子が悪くありませんか?

便秘がちの方には、そのような症状になっていませんか。

 

腸が弱ると肌荒れを起こしやすくなるのはなぜ?

腸活、いわゆる腸を活発にすることが、花粉症やウイルス、肌荒れなど軽減できるのです。

その腸の活動が低下すると・・・

 

①ドロドロ血になり太りやすい体に…

代謝機能が低下して、老廃物や脂肪を溜め込みやすい体質になります。
さらに不要物が体内に吸収されると、血液もドロドロに…!

 

②肌荒れや便秘、免疫力の低下

悪玉菌が増えてしまうと老廃物の排出がうまくできなくなりこのような症状を起こしやすくなってしまいます。

 

③口臭や体臭

人前では、結構自分では気づかなものですが、不快感を与えます。
これらを軽減する方法として、毎日の乳酸菌を体内に与えてあげることが必要です。

それは、簡単なんです。

ヨーグルトを食べることなのです。

ヨーグルトを毎日摂取することで、生きた乳酸菌が腸内に入り込み悪玉菌を撃退した元気な腸に生まれ変わります。

善玉菌が増えれば、

免疫力が上がり、

花粉症や風邪のウイルスなどの侵入を防いでくれます。

便秘や肌荒れの改善が見込まれます。

また、内臓関連(肝臓や腎臓など)も循環がよくなり疲れにくい体にもしてくれる大事なものになります。

乳酸菌は世の中になくてはならないものなんです。

 

花粉症に良いヨーグルトはいつ食べると効果的?

その日の一日を腸は動き続けます。

その日のはじめ、毎朝の朝食に食べるのがもっともよいです。

寝てる間も腸は動いていますが、体内のあらゆる臓器を考えると朝が一番になります。
特に花粉症が訪れる前、一カ月前からヨーグルトを毎朝食べ続けることがとても良いです!

毎朝、食べるのは大変ですので、ちょっとアレンジをして楽しむのが良いと思います。

 

ヨーグルトをアレンジして食べる!

毎日食べるのだから、ちょっと味を変えて楽しみたいところですね。

市販のジャムソースやクラッカーにのせたり、果物と一緒に食べると楽しいです。

また、最近もっとも花粉症に効くといわれる、みかんの皮。
みかんの皮と一緒に食べるとすごく花粉症に効果があるようです。

そのままではなく、皮をすりおろしたものとヨーグルトを一緒に食べる方法ですね。

 

いかがでしたか?

ヨーグルトは免疫力を上げてくれるので毎日摂取することで効果が現れます。

是非、健康思考で、いろんな味で楽しんでみてください。