体が元気になるサプリメント!!

短期で効力が上がる効き目があるという魔法のサプリメントは存在しませんが、良いサプリメントを選ぶことで効果がついていきます。

サプリメントの上手な摂取方法は、主食にプラスしてサプリメントを毎日飲み続けること!

それが次第に、疲れを残さない作らせない体になっていきます。

そして、サプリメントのチカラを借りつつ、日常の生活方法の考え方も取り入れることで朝から元気になれるようになります。

サプリメントも何でもいいというより、疲れを取る目的の成分が入ったサプリメントを選びましょう!

 

ただし、健康で強い体にするには、サプリメントだけの摂取や取りすぎは絶対にしてはいけませんので注意しましょう!

 

疲れを明日に持ち越さないのが理想です。

疲れを明日に持ち越さないのが、理想でもあります。

社会人の方は、日々どうでしょう?

接待、上下関係、人間関係、コキを使われ肉体疲労で満身創痍・・・

学生でも疲れは付き物、勉強に対してのストレス、部活での活動での肉体疲労・・・

OLさんだって疲れます。

老若男女問わず生活をする上で疲れは避けられないものですね。

疲れは、その日のうちに消し去りたいものです。

翌日には、リセットされて元気な朝を迎えたい!と少なからず毎朝迎える度に思われる方も少なくはありません。

では、そのためには、何をすればいいのか・・・

それは、

① 入浴で精神と肉体をリラックスさせる!

② 十分な睡眠を摂る!

③ 食物(疲れを取る食べ物)をしっかり摂る!

④ 目的にあったサプリメントを選んで、飲み続ける!

これが一番大事なことなんです。

 

入浴で精神と肉体をリラックスさせる!

<方法>
38〜40度のお湯に、胸の下からおヘソの上辺りまでお湯に浸かりましょう。

お湯につかる時間は20〜30分間。

<効果>

・血行の改善

・疲労回復

・美容効果

・リラクゼーション

 

十分な睡眠を摂る!

呼吸法で睡眠の質を変える

体は活動モード(交感神経)と休息モード(副交感神経)の2つのバランスを働かせています。

睡眠中は副交感神経になります。

しかし、それを妨げるのがストレスです。

ストレスにより、意識が活性化し交感神経になるので、寝付きが悪く、睡眠の質も低下してしまいます。

そこで呼吸に気をつけて、副交感神経に近い状態になりましょう。

<方法>

1.最初に鼻から大きく息を吸う。

2.次に、口から補足ゆっくりと行きを吐く。遠くにあるろうそくの炎を消すイメージで。

 

食物(疲れを取る食べ物)をしっかり摂る!

① 水の飲み方を工夫する

栄養や酸素を運ぶのは血液です。

血液の80%は水分で出来ています。

血液中の水分が不足してドロドロになると、血液の循環も悪くなり、全身に栄養も酸素も運べません。

血中濃度を薄めるのにも水を飲むことは効果的です。

<飲み方>

・水の1日の必要量は2リットルですが、食事からも水分は摂取しているので、1.5リットルを目安にする。

・たくさんの水を一気に飲むのではなく、20〜30分おきに口を湿らせる程度に飲む。

水分を摂ることは、喉にもいいので寒い時期には、風邪の予防にもなります。

② 食事に気をつける

ポイントは「野菜」と「バランス」です!

疲労の原因として、変色や脂肪過多などによるビタミン・ミネラル不足があります。

疲れを解消して、病気を予防するためにも食生活はとても重要です。

バランスは、ごはん・魚・お肉・大豆・緑黄色野菜・淡色野菜・イモ類・海藻類などを毎日継続して食べます。

 

目的にあったサプリメントを選んで、飲み続ける!

疲労回復をする手助けをする成分は、アミノ酸とクエン酸です。

アミノ酸は運動前に摂取すると、筋疲労の軽減・脳疲労を抑制して集中力を高めてくれます。

運動後や就寝前に摂取すると疲労を軽減・就寝中の成長ホルモンの分泌を活発にしてくれます。

クエン酸が疲労回復してくれるのは、体内にあるクエン酸回路(TCAサイクル)のおかげなんです。

クエン酸を摂取することで、クエン酸回路が活発化。

疲労成分(乳酸)の生成を抑制してくれるので疲れが回復できるということです。

 

① アミノ酸を摂取する

サプリメントで選びたいのがアミノ酸におけるL-アルギニンです。

アミノ酸は、一言に言うと筋肉の疲労を回復したり、筋肉痛の軽減にも効果があります。

その中でも、L-アルギニンは血流を改善し、疲労物質も強力に除去してくれます。

注意したいのが、アルギニンは2種類(アルギニンとL-アルギニン)が存在しています。

アルギニンとL-アルギニンの違いについて。

アミノ酸には「D型」と「L型」の2種類が発見されています。

L型は「天然型」で自然界に存在するものです。

D型は「非天然型」とも呼ばれ自然界にはほぼ存在しないアミノ酸で、生理作用についてまだ不明と考えられています。

おすすめ⇒「L-アルギニン」と書かれていれば、天然型のアルギニンサプリメントだということになります。

 

② クエン酸を摂取する

クエン酸といえば疲労回復、と言われるように、クエン酸の効果・効能の中でよく知られ ているのが疲労の軽減や早期回復です。

クエン酸は、食物でも摂取できる成分でもあります。

クエン酸が含まれる食物といえば

レモン・ライム・梅干し・いちご・キウイ・グレープフルーツ・パイナップル・みかん・オレンジなどになります。

この中でもレモンとライムと梅干しが多く含まれています。

果物で毎日摂取するのも大変良いですが、面倒ですよね。

そのため、サプリメントがとっても効率よく、そして一口で多く摂取ができます。

 

こちらの記事も参考にしてみてください!

>>>疲れやすい体の原因は?ちょっとした改善方法で毎日元気に!